八木商事株式会社 | 姫路のオフィス移転、レイアウト設計、オフィス家具はお任せ

八木商事株式会社

オフィスレイアウト設計

オフィスに必要なスペースをリストアップする

 

オフィスレイアウト設計は、新オフィスにどのようなスペースが必要かをリストアップするところから始まります。リストアップができたら、それぞれのスペースが何か所必要か?広さはどれくらい必要か?を検討していきます。

 

 

オフィスに必要なスペースの例

 

執務室 ミーティングルーム 食堂
休憩室 受付・エントランス 社長室
セミナールーム 資料室 待合室
応接室 面談室 集中作業ブース

 

 

オフィスレイアウト設計

 

配置を検討する

 

オフィスに必要なスペースを洗い出した後は、それぞれのスペースの配置を決めていきます。
この作業をゾーニングといいます。ゾーニングの際には、スペースを3種類に分類することで配置を決めやすくなります。

 

ゾーン1…従業員と来客が利用するエリア(受付、ミーティングコーナー 等)
ゾーン2…従業員だけが利用するエリア(執務室 等)
ゾーン3…一部の従業員が利用するエリア(社長室、サーバルーム 等)オフィスの入口付近に
ゾーン1を配置し、入口から遠いエリアにゾーン3を配置すること

 

で、機密資料持出しや覗き見を抑制できるセキュリティが考えられたオフィスになります。また、生産性も向上します。同じゾーン内では、仕事で連携がある部署を隣接させてコミュニケーション活性化を促進します。

 

執務スペースの広さを決める

 

執務スペースは仕事の中心となる最も滞在時間が長いスペースです。働きやすいオフィス環境作りをするにあたって、執務スペースに十分な広さを確保することは重要です。適切な執務スペースの広さを決めるにあたって「従業員一人当りの執務スペース」を参考にしましょう。

 

執務スペース面積(m2)÷従業員数(人)

 

例えば、執務スペース210㎡、従業員35名の場合は「210(㎡)÷35(名)=6㎡/名」です。
一般的に従業員一人当りの執務スペースは6㎡必要と言われています。6㎡以下の執務スペースは窮屈な印象を与えます。広すぎる場合は、コミュニケーションスペースや会議室などとして活用することも検討しましょう。

 

通路幅を決める

 

通路幅は安全面や歩きやすさを考えて決めなければいけません。狭い通路幅のオフィスは人がすれ違う際にストレスになります。場合によっては接触による転倒の危険性もあります。オフィス家具や壁の位置関係によって最適な通路幅は違います。次の目安幅を参考にして通路幅を決めましょう。

 

オフィス家具や壁の位置関係によって最適な通路幅は違います。

 

 

オフィス家具の配置を決める
オフィス移転業務を余裕をもって進めるためには、新オフィスのレイアウト図面をいち早く確定させるこ とが重要です。

スペース配置と通路幅が決まったらオフィス家具の配置を決めていきます。オフィス家具を配置する際の注意点があります。次のようなことに気を付けて配置位置を決めましょう。

 

・コンセントの位置を考慮して電源を確保できる配置になっているか

・扉の開閉するスペースが確保されているか

・窓の高さを考慮して書庫を設置しているか

 

など図面上では問題無かったが、実際に働きだしてから問題に気付いたということがないように入念に想定をしましょう。

 

 

オフィス家具を選ぶ
オフィス家具の選び方

オフィス家具の配置が決定したら、オフィス家具を選びます。色やデザイン、素材なども重要ですが、サイズの確認を怠らないようにしましょう。サイズの確認はおろそかになりがちです。横幅、奥行、高さまで入念に確認してください。失敗しないオフィス家具の選び方を詳しく解説しているので参考にしてください。

 

 

専用ソフトでオフィスレイアウトを決める
オフィス専用ソフトオフィス設計の専用ソフトでここまで決めてきた通路幅やスペース配置、オフィス家具をオフィスレイアウト図面に落とし込みます。10人以下の少人数オフィスのレイアウト図面作成は初めての方でもできますが、専用ソフトの使い方を一から学習するのは大変ですし、時間もかかります。
また、20人以上のオフィスの図面作成は初心者にとって非常に難しいです。専門家に依頼することをおすすめします。姫路市内であれば八木商事がサポートをしています。

 

姫路市のオフィスレイアウト設計は
八木商事にお任せください

 

納得いくオフィスレイアウトプランを提案します
オフィスレイアウト設計

オフィスレイアウトの専門家がお客様の店舗や会社に適したレイアウトをご満足いただけるまで提案いたします。
納得のオフィスレイアウトプランにするためには、何度も修正と打ち合わせを繰り返す必要がありますが、店舗やオフィスの移転やリニューアルには期日があります。
スピード感を持ってオフィスレイアウト設計の修正を繰り返す必要があります。八木商事はオフィス家具メーカーの設計部門と連携し、専属のチームで対応することでオフィスレイアウト図面をスピード作成することが可能です。人の流れや仕事の効率を考えたオフィスレイアウト設計には長年の実績を多くのお客様に評価していただいています。一緒に納得のオフィスレイアウトを作成しましょう。

 

「こんなオフィスにしたい」を図面に落とし込みます

 

八木商事はお客様の「こんなオフィスにしたい」をヒアリングして、オフィスレイアウトや内装、オフィス家具に落とし込むフルオーダー型のオフィスづくりをご提供しています。例えば、

「面接に来た求職者が働きたいと感じるオフィス」
「来客が信頼できる会社だと感じるオフィス」
「業績アップにつながるオフィス」
「部署間のコミュニケーションが活性化するオフィス」

など、お客様のご要望をぜひ聞かせてください。理想のオフィスづくりをサポートします。

 

レイアウト設計から家具選定、施工までワンストップで対応します
八木商事はオフィスレイアウト設計だけではなく、オフィス家具選定や各種工事までオフィス環境作りをワンストップで対応することができます。

八木商事はオフィスレイアウト設計だけではなく、オフィス家具選定や各種工事までオフィス環境作りをワンストップで対応することができます。お客様に寄り添ってレイアウトプランを形にするところまでサポートしていきます。

 

オフィス作り・業績アップセミナーのご案内
オフィスの業績アップセミナー八木商事は兵庫県姫路市内にて、定期的にオフィス作り、業績アップセミナーを開催しています。
参加は無料です。実際のオフィスづくり事例をもとに、オフィス環境作りの成功ポイントの解説やオフィスレイアウト変更や移転、リニューアルについてのアドバイスの他、業績アップに繋がるセミナーをおこなっています。

 

施工事例

姫路オフィス作りブログ
オフィスづくりへの想い

よくある質問
会社概要

お問い合わせ窓口

(079)298-5511

運営会社 八木商事株式会社

受付:平日9:30~17:00
お気軽にお電話ください!

メールでのお問い合わせ